既存杭引抜研究会

オールケーシング(全周回転)工法

工法説明

ケーシングを高トルクで回転させることにより、既存杭や地中障害物を強力に掘削し、ケーシング内の杭や障害物をチゼルで破砕しハンマーグラブで障害物を取り除く工法です。

特長

●ケーシングを地中に残したまま杭を撤去する為に、
 孔壁の崩 壊がありません。
●ケーシング回転削孔により、高い垂直精度が得ら
 れます。
●テレスコクローラークレーンを使用すればある程度
 狭い現場 の施工も可能です。
●敷地境界ぎわ、敷地角の施工は検討が必要です。
●大口径場所打杭、折れている杭等の撤去に適した
 工法です。
●ケーシングを残したまま、杭を撤去した後の埋戻し
 が可能で す。

Copyright (C) 2005-2014 KIZONKUIHIKINUKI KENKYUKAI