既存杭引抜研究会

施工事例

 
施工会社 新潟商事梶E滑ロ建興業
工種 既存杭引抜工事
現場住所 東京都港区 某所
工法 オーガーケーシング工法
引抜杭明細 場所打杭 Φ800〜Φ1800 L=23m〜25m 71本
PHC杭 Φ450〜500 L=24m〜25m 9本
松杭  L=8m〜9m 73本
使用機械

<新潟商事梶
TK750cv400(75Tベース杭抜機)
TK550(多滑車杭抜機)
BM1000(100T相番クローラークレーン)
1,4m3(大割解体機)
0,8m3(油圧ショベル)

<滑ロ建興業>
TK750cv400(75Tベース杭抜機)
TK750(多滑車杭抜機)
120T相番クローラークレーン
1,4m3(大割解体機)
0,7m3(油圧ショベル)

埋め戻し材 流動化処理土
 

複数の建物を解体した後に複合的な大型ビルを建築する再開発的な現場です。杭種や杭長、杭頭の深さも様々なケースがあり、図面にない杭(既存建物の前の建物と推測)もあり突発的な対応をしなければならない現場でした。既存杭引抜研究会として会員相互の協力体制から、知識と経験を活かしたジョイント施工現場であった為に、急遽の機械及び機材搬入等の臨機応変な対応が可能となり安全確実な施工の基礎になったと考えます。
 また、本現場では元請様のご理解もあり、当研究会の現場見学及び研修勉強会も開催し、技術向上及び協力体制を確立する現場となりました。


01   02
     
03   04
     
05   06
     
07   08
     
09    

Copyright (C) 2005-2014 KIZONKUIHIKINUKI KENKYUKAI