既存杭引抜研究会

施工事例

 
施工会社 司佐基工 株式会社
工種 既存杭引抜工事
現場住所 広島市中区 某所
工法 クレスト工法・多滑車工法
引抜杭明細 場所打ち杭
φ1000  実長 21.0m  4本
φ1200  実長 21.0m  6本
φ1400  実長 21.0m  2本
合計  12本
使用機械 TK750cv400 1台
35tラフター式多滑車 1台
0.09m3油圧ショベル 1台
0.45m3油圧ショベル 1台
0.7m3油圧ショベル 1台
75t相判クレーン 1台
 

本現場は建物解体に伴い、既存の場所打杭を引抜きました。
杭抜工事に関する施工ヤードが狭いため、φ1400以外の場所打杭の引抜きは多滑車機能を備えたクレスト工法で施工致しました。
施工ヤードが狭いなかで杭の小割処分がスペースの都合で不可能なために、短く分割してダンプで搬出処分いたしました。杭頭がGL-3m以上という杭もあり、杭頭を出すために周辺地盤が崩落しないように安全に配慮した施工を心掛け無事に施工が終了いたしました。


01   02
     
03   04
     
05   06

Copyright (C) 2005-2014 KIZONKUIHIKINUKI KENKYUKAI