既存杭引抜研究会

施工事例

施工会社 有限会社坂本産業
工種 既存杭引抜工事
現場住所 東京都目黒区
工法 オーガーケーシング工法
引抜杭明細 Ф700  場所打杭 杭長L=19m 3本 杭頭GL−2.0m
Ф800  場所打杭 杭長L=18m 1本 杭頭GL−2.5m
Ф1000 場所打杭 杭長L=18m 1本 杭頭GL−3.0m
Ф1100 場所打杭 杭長L=20m 1本 杭頭GL−1.0m
使用機械 NIK900T(90tテレスコ式クローラークレーン杭抜機)
AR1200(120T オルテレーンクレーン:相判機)
0.4m3(油圧ショベル)
プラント、発電機、コンプレッサー
 
新築工事に伴い、新設の杭に干渉する箇所の既存杭を引抜きました。
引抜杭穴の埋戻しに関しては、監督職員と十分な協議を行い、引抜直後は砂とセメントを使用して埋戻を行いました。その後、新設杭の孔壁崩壊を防ぐ為に、杭穴にセメントミルクを注入しながらスクリューで攪拌し、杭穴全体に凝固むらができないように注意しながら埋戻作業を行いました。
 
 
 
 
 
 

▲ トップへ
 

Copyright (C) 2005-2014 KIZONKUIHIKINUKI KENKYUKAI