既存杭引抜研究会

施工事例

施工会社 新潟商事株式会社
工種 TK-550 ロータリー多滑車
現場住所 東京都内
引抜杭明細 アース杭 Φ800×L 18.0m=9本
アース杭 Φ1000×L 18.0m=7本
使用機械 TK550 55t ロータリー多滑車
TK550 50t テレスコクレーン
クローラクレーンBM900 90t
0.7油圧ショベル(オオスミ付)
0.45油圧ショベル
モルタルプラントTAM-20型
発電機150KVA
エンプレッサー50rp
ハイウォッシャー 3台
 
GLより6m下での杭引抜工事を施工いたしました。
山留措置後にスロープを作り、重機を施工地盤(6m下)まで降ろし、TK550(55t:テレスコ式杭抜機)ロータリー多滑車工法(特許申請済)が、本現場の敷地や状況等の環境を考慮すると、最も安全であり、最適な工法と判断いたしました。
杭重量が約35tあり、相判クレーンでの杭引き上げには大型クレーンが必要なため、多滑車での引抜きとし、安全に倒せる杭の長さに切断後、杭を倒し問題なく施工を完了いたしました。
 
 
 
 
 
 
 

▲ トップへ
 

Copyright (C) 2005-2014 KIZONKUIHIKINUKI KENKYUKAI